福岡の皮膚科・泌尿器科 皆見医院

約30年の皮膚科治療をベースとした、最新医療レーザーによる、スピード脱毛

トピックス

最新レーザー装置による脱毛治療

新着情報
  2016.12.01 年末年始診療時間のお知らせ

H28 12月29日(木)〜H29 1月5日(木)まで休診です。

  2016.06.27 診療時間変更のお知らせ

7月23日(土)は、11時までの診療となります。

  2016.06.23 お盆休みのお知らせ

H28 8月11日(木)〜H28 8月16日(火)まで休診。
※17日(水)より平常診療。


 
冬の皮膚病
寒くなると、寒気、寒風、また冷水などのために、皮膚の働きが弱くなってきます。
特に、脂腺、汗腺の働きが悪くなって、皮膚の表面の油、脂肪が少なくなり、皮膚が乾燥してかさかさになってきます。
そして、皮膚の弾力が無くなり、露出中の皮膚に割れ目を生じてきます。(ひび、あかぎれ)
ひび・あかぎれに使用できるアロンアルファ(保険外)もあります。

このため、特に冬の皮膚に対しては、油分を補うことが大切で、ワセリン類、あるいは保湿剤としてのクリーム類を塗布することが必要です。
また、ビタミンAの内服も良く、寒さに対する抵抗力を強め、汗腺や脂腺のはたらきを強め、荒れ肌を改善する傾向にあります。
■皮脂欠乏性湿病
皮膚の表面のつやが無くなり、油分、脂肪分が少なくなり、かさかさになり、痒みが出てきます。 特に老人の方に多いものですが、主婦の方で強い洗剤を使って食器を洗う人にもみられます。
治療としては、皮膚の表面に油分を補うために保湿剤をよく塗ることです。
皮膚科に来られるといろいろな保湿剤を用意してあります。
■アトピー性皮膚炎
寒くなると全身の皮膚が乾燥してきて、触ると極度にかさかさして、ひどく痒みを生じてきます。たっぷりと保湿剤を塗ることが肝要です。
■しもやけ
毎年、冬になると手足のしもやけを生じてくる人は、予防的に良く手をマッサージして血行を良くすることが大切です。
さらに、血行を良くするためにビタミンEなどを内服して、またしもやけ軟膏などを塗っておくことが良いと思います。
■寒冷蕁麻疹(じんましん)
冷たい風、冷たい部屋に入ると生じてくる蕁麻疹があります。
急に寒い場所に出ないように注意が大切です。
そして、蕁麻疹の内服治療も必要です。
 
診療科目
皮膚科
(プロペシア・ケミカルピーリング)

レーザー脱毛
診療時間
 
午前
午後

午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜16:50
土曜日 9:00〜12:00

※泌尿器科の診察は行っておりません。

※予約は行っておりません。

※診療時間は変更になることがございます。
来院の際は 新着情報をご確認ください。

休診日:火曜日・木曜日・日曜・祝日
※医薬分業です。


copyright (c) MINAMI IIN.all right reserved. 
コンテンツ
医院紹介
ドクター紹介
皮膚科治療
(プロペシア・ケミカルピーリング・爪水虫(爪白癬)など)
レーザーで安心脱毛
●女性専用
アイクリアの光線治療
(ニキビ・シワなど)
皮膚科医が使う洗顔石鹸
 


アクセス

〒810-0011
福岡市中央区高砂1丁目24-7
TEL:092-531-1404
FAX:092-524-0845


クリックすると拡大します
□西鉄大牟田線
薬院駅より歩いて5分
□地下鉄七隈線
薬院駅、渡辺通駅より歩いて5分
□西鉄バス
渡辺通り1丁目のバス停より歩いて2分
□自動車
近隣に有料駐車場がございます。駐車料金は、患者様ご負担となります。
予めご了承下さい。
 
 



  ケータイ用ホームページができました。
上のQRコードを使ってご覧下さい。